blog
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ

閲覧ありがとうございます

⑤アダルトチルドレンについて

アダルトチルドレンについて四つほど記事を書きましたがそれらの記事を通して伝えたいことは、「アダルトチルドレンという概念が心理学での学術的な概念ではないこと」、「そもそも心理学は幅広いもので始まったばかりであり絶対ということは少ないこと」、「記憶はあやふやなものなのでカウンセラーによって誘導されることもあること」です。

アダルトチルドレンという概念は、自分と家族を客観的に見ていくうえで参考になる点が多いのですが、それを信仰してはまずいということです。あるカウンセラーや精神科医が、アダルトチルドレンとは全く別の困りごとで相談しているのにもかかわらず、「あなたはアダルトチルドレンだ」と断定することもありますが、アダルトチルドレンというものは定義があやふやなので誰にでも当てはまうという側面があります。そして、医者やカウンセラーからそうだと断定されれば信じてしまいます。なので、よく注意して、必要があれば他の専門家の意見も聞くことが大切だと思います。