blog
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ

閲覧ありがとうございます

①虐待の乗り越え方 幻想編

今回は虐待の乗り越え方について私の経験から書いていきます。

一番肝心なのは”幻想を捨てる”です。

この世の中にはさまざまなものがあります。例えば机や椅子や家や木琴や森や学校などなど…これらは本当に存在するのでしょうか。

唯名論という考え方では、実際に存在しない、と考えます。机や、椅子や、家や、木琴や森や学校などは存在しないのです。これらは木の集まりではあっても、机、椅子、家、木琴、森、学校としては我々の頭の中でしか存在しない、つまり、私たち人間同士のお約束事にすぎないのです。それでは”木”は存在するのでしょうか。木も存在せず、酸素、水素、炭素の集合体でしかないのです。だから、お約束事を辞めてしまえば消え去ります。近所ににこにこ小学校があります。少子化によりみんなで相談してお約束事をしてにこにこ老人ホームになりました。にこにこ小学校はなくなりました。ほら、このとおり。

まだ納得できない、という方は、自然から数字の7と、直角三角形を探して私に持ってきてください。自然からですよ!紙に書いたり、文房具屋さんから三角定規を買ってはだめです。何を言いたいかというと、数字の7も直角三角形も、人間の頭の中で決め、作り出したお約束事だということです。

それでは、"家族"、"人権"なんてものはこの世にあるのでしょうか。自然から持ってください!どうでしょう?これも私たち人間のお約束事であり、自然に存在しないんです。"約束を辞めた"ら一瞬で消え去るんです!

 

参考文献 竹村牧男 「入門 哲学としての仏教」 講談社、2009年。 

 

閲覧ありがとうございます。

ブログを開設してから半年以上経ちました。

アクセス解析によりますと定期的に閲覧に来てくださる方がおられるようです。

みなさんの興味・関心や悩み事を知りたいのでコメントをくださると大変嬉しいです。