blog

ブログ

閲覧ありがとうございます

人生親で決まるか

「親のせいにするな」と人は簡単にいうが、人生は親で決まる側面もあると思う。

私は小学生のとき、勉強が好きだから大学に行こうと考え、人生設計をすでにしていた。しかし中学生の時、なんとなく壁のようなものを感じ(今でいう教育格差)、「親で人生が決まらないということを証明してみせる!」といきがり、下剋上と称して勉強をがんばった。
もちろん成績はぐんぐん上がった。
高校進学後も勉強に励んだが、娘を進学させずに働かせたい気持ちの母親の容態が悪くなり(精神疾患)、節約と称して食事をもらえなくなったり、学校の先生に私の悪口を、私には学校の先生の悪口を言うようになり、一番奥の部屋に軟禁されてしまった。
そこから私の人生は真っ暗になってしまい、今もそのままである。

さて、話が暗くなりましたが。

私がなぜ失敗したか。それは母親が人格荒廃者であり、父親が不在だったからである。そして、私が周囲の人との縁を重視しなかったためである。
私は「私が努力し、私の能力を開発して多くの人のためになりたい」と、母親の人格荒廃や、父親不在という縁を全く考慮にいれなかった。学校の先生の「ささかなさんなら絶対に大学に行けるよ!だってこんなに努力してるじゃない!お母さんもきっとわかってくれる」という励ましも、今となっては悪魔の囁きだったと思う。
もちろん先生は悪くない。先生は、まさか私の母親が人格破綻者であり、娘が何も食べられなくてガリガリになっても自分はピザの出前をとる人間だなんてしらないわけだから。

個人の能力重視の学校教育はよくない、人は縁の中で生きている。私は 親がだめだから ほどほどのところで諦める べきだった。

ここからは希望。
私は今卒業論文の執筆中である。他の人より時間がかかったが、中卒一族で人格破綻者の娘でもここまでこれた。そして、私は現在、精神疾患にかかっていない(と思う)。
私はカネとコネが全く苦手だ。だから、一生貧乏暮らし。それでもいい。
でも、私はやっぱり他人との関係の中で生きていきたい。
私は私、私と自分の中に閉じこもってしまった。だからこれからは、私の欲望を滅し、水のように、人のために生きていきたい、それが私の希望の光だと思っている。

親で人生決まる。でも、その中で咲きたい。

広告を非表示にする