blog
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ

閲覧ありがとうございます

あるカウンセラーが腕がいいかなんてどうやって見分ける?

1.値段

カウンセラーの腕によって金額が高くなると思ってしまう人は多いかもしれない。化粧品でさえ、高ければ高いほどよく売れる、つまりよく効くと思い込ませるという。これは、本当に品質がいいかというよりは、効きそうだというイメージにお金を払っている。

美容院だと、美容師になりたての人は3000円、マネージャーだと4000円、店長だと5000円というように値段が違ったりする。でも、髪型の好みの相性や、そもそものセンス(店長なのに下手ということもあるかもしれない)などなどいろいろな要素があるはずだ。だから、値段で判断するのは危険なんじゃないだろうか。

 

2.資格や経験

臨床心理士の資格を持っていたらその人は有能なカウンセラーだろうか。私は何の資格も持っていないから、えらそうなことはいえないが、そうは思わない。以前、頭部を激しく打ち付けられ頭が割れ、そのあと、土に埋められた女の子の養父の裁判の傍聴に行った。その養父の年配の弁護士は、テニスボールを女の子の頭に見立て、女の子の頭は養父による暴行ではなく、動物に食われたと主張した。テニスボールを書記官や裁判長にまで配ろうとしたため、裁判長に怒られていた。私はとても衝撃を受けた。弁護士の資格を持ち、しかも年配のいかにも経験のありそうな人は、とても立派で完璧に仕事をするものだと思っていたからだ。だから、私は年齢や資格でカウンセラーを判断するべきではないと考える。資格信仰という概念もとてもおもしろい。

 

3.口コミや込み具合

口コミや、込み具合、いわゆる人気度で選ぶのもどうかと思う。なぜなら、もしかしたらそのカウンセラーはただ単にクライエントの欲望を刺激しているだけかもしれないからだ。欲望を刺激すれば人気が出るし、しかも治らないから、クライエントはずっとお客さんでいてくれる。

 

じゃぁどう選べばいんだよ!?

この質問はとても難しい。素人に選ぶのは相当難しいだろう。でも心構えはかえることができる。その心構えとは目の前の専門家、えらい先生が絶対に正しいと思わないことだ。そして、専門家自身も、己惚れずに常に自分を疑い自問自答してさらなる探求をしていかなければならない。それができずにただ地位と収入だけが高い専門家はカルト教団の教祖と変わらない。

私は、もし望みがかなうなら、そんな専門家になりたい。でも、そんなふうにして生きられない。

 

以下はブログの紹介。とてもおもしろい。

心のケアは誰のもの?精神科医が自殺を減らす…という幻想と思いあがり