blog
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ

閲覧ありがとうございます

満員電車

今朝の満員電車はいつもより増して混んでいた。たまたま飛び乗った電車が女性専用車だったのだが、鮨詰め状態で、まるで人間のための箱ではなかった。

そんな電車に乗って考えた。私は電車という箱に詰められて、各会社に納品されているんだ。とてつもなく大きなシステムに組み込まれ、そこから逃げ出せない気がする。私は歯車の一つでしかなく、意志は持ってはいけない。ただ、需要と供給の原則に従って、流れていくしかない。

今の状況は間違っている、たぶん。しかし、社会は変えられないから、自分が変わるしかない。どう変えようか。

広告を非表示にする